ブログ

養育費のお話 3 きちんと約束した?

2021/11/20
カテゴリー: 養育費 タグ: 養育費

弁護士の佐野です。

 

養育費のお話2では養育費の金額の決め方を見ました。
金額を決めても、きちんと支払ってもらえなければ意味がありません。

ここでは、どんな支払いの約束の仕方があるか、見てみましょう。

 

 

目次

1. 口約束
2. 書面で約束
3. 公正証書で約束
4. 調停で約束
5. 裁判所に決めてもらう

 

 

1. 口約束

養育費の取り決めをしていないお母さんは54.2%いました。
取り決めをしているお母さんは42.9%いるのですが、そのうち26.3%は文書がないそうです。つまり口約束ですね。

 

口約束でも約束は約束ですので、払ってもらいましょう。
どのように払ってもらうか、どうすれば有利かはここでは書けませんので、個別に弁護士にご相談いただければと思います。

 

後で紛争になることを考えると、やはり文書にしておくのがいいですね。
しかしこれは微妙です。文書にしろと言い出すと、ごねる人もいるでしょう。個別のケースで判断が微妙になることも多く、弁護士でもアドバイスに困るところです。
やぶ蛇にならないよう、しっかり考えて判断しなければなりません。

 

 

2. 書面で約束

取り決めをしているお母さんは42.9%いて、そのうち15.0%はその他(何が「その他」ではないかは後で書くものです)の文書があるそうです。
覚え書きであったり、弁護士の確認文書などだと思います。

 

ないよりあるのがマシ、他の手続きはハードルが高い、ということで、これはこれでいい手だと思います。
養育費の取り決めをしていない理由が、相手に関わりたくない、払う気も能力もない、ということになると、こういう文書にしても意味がないかもしれませんが、できることなら、口約束よりはこういった文書にする方がいいでしょう。

 

ただ、無理に文書にしようとしてややこしいことになるくらいなら、口約束の方がいいかもしれません。

 

 

3. 公正証書で約束

取り決めをしているお母さんは42.9%いて、そのうち58.3%は、裁判所や公証役場で決めた文書があるそうです。

 

公正証書は、「強制執行認諾条項」をつけると、調停や裁判をしたのと同じような効果がありますので、その意味では最も手軽で効果の高い文書になります。

 

ただ、相手が承諾してくれていないと、この文書は作成できません。
また、相手が本当に養育費を支払いたいと思っている場合、公正証書を作って欲し
いと言うと、不信感を突きつけるような形になり、かえって逆効果になることも考えられます。
言い方が難しいですね。

 

 

4. 調停で約束

当事者間で取り決めができないと、調停で話し合うことになります。
調停は、直接当事者で話をせず、家庭裁判所で調停委員に間に入ってもらい、話をとりまとめてもらう手続きです。

 

直接話をすると感情的になったりしますので、スムーズに話ができるようになる反面、かなり時間がかかるという難点がありますが、そもそも当事者間で話ができないので、これに頼るしかありません。

 

養育費だけでなく、財産分与をするかどうか、親権をどうするかなど、離婚に伴う問題の1つとして、他の問題と一緒に話し合われることが多いでしょう。

 

養育費は、お互いの収入を見てある程度機械的に決まることもあり、弁護士を入れずに家庭裁判所に申し立ててみるのもアリです。
その場合でも、事前に弁護士に相談しておくといいと思います。

 

 

5. 裁判所に決めてもらう

裁判所に決めてもらうのは、審判という手続きになります。

 

いきなり審判を申し立てることは、原則としてできません。法律上できないわけではないのですが、まずは話し合いで決めた方がいいよね、その方が払ってもらいやすいよね、ということで、裁判所が強制的に決めてしまう前に、調停をすることになります。

 

調停で決まらない場合、では審判しましょう、という流れになります。

2021年11月20日

カテゴリー一覧
固定資産税
国税局の調査
家族信託
弁護士
法的手続の流れ
相続における期限
相続人
相続分
相続放棄
税理士
自己紹介など
遺産分割
配偶者居住権
限定承認
離婚
養育費
タグ一覧
みなし譲渡所得
代襲相続
内縁
単純承認
固定資産税
家族信託
届出期間
廃除
期限
法定相続分
法的手続
相続放棄
相続税
税務調査
税金の補足率
老後の備え
贈与税
路線価
遺言
配偶者居住権
配偶者短期居住権
限定承認
離婚
離婚届
離婚後の子の戸籍と氏
離婚後の氏
養育費

TOP